\ 幼児教材を無料で体験する…♩/

【体験談】痛い?怖い?無痛分娩のリアルな費用と流れを大公開〈後編〉

無痛分娩1日目では子宮口が思うように開かず、分娩は翌日に持ち越されることに…。

無痛分娩1日目の体験談〈前編〉はこちら 
【体験談】痛い?怖い?無痛分娩のリアルな費用と流れを大公開〈前編〉

今回の記事では無痛分娩2日目のことを書いていきます。無痛分娩の前準備も整い、あとは赤ちゃんが産まれてくるのを待つだけとなりました!

私が体験した無痛分娩の実際の流れ

【無痛分娩2日目】7時 破水

それはいきなり来ました。

7時に起床し、前日と同じく分娩監視装置をつけられ、血圧など簡単な測定を受けていたときのこと。

バシャ~ッ(実際には効果音はありません)

突如なんの前触れもなく、股の間から生ぬるい大量の水(羊水)が一斉に溢れ出てきたのです!このとき、痛みは全くありません。

一瞬驚いたものの「これが破水かな?」とやけに落ち着いている部分もあり、その場にいた看護師さんにも診てもらうことに。

案の定破水していたため夫にも状況を連絡し、予定より早く病院に来てもらうこととなりました。

そして破水後まもなく、陣痛の痛みもパワーアップしたため、すぐに麻酔の量も追加してもらいました。

9時半 分娩台へ

この頃には夫も病院に到着していたため、一緒に分娩室へ入ることに。

しかし、まだ子宮口は全開(10cm)ではなかったため、分娩台に乗せられたまま約1時間半ほど(うろ覚え)そのまま時を過ごします。

その間、陣痛の痛みが増すたびに麻酔液の流量も上げてもらっていました。

11時 子宮口全開

そしてようやく子宮口が10cm(全開)に!

この頃になると『自主的に』ある程度の強さの痛みは残すようになっていました。

もちろん看護師さんに言えば、まだ麻酔液の流量は増やせたのですが、ここにきて謎のプライドが出てきたようです。

ちなみにこのとき、麻酔の流量レベル10段階中8段階目で耐えてました

 

この時の痛みを言葉で表すと、恥骨部分がぎゅうううううぅぅぅぅぅぅッッ⤴︎って締め上げられるようなイメージ。

身体の奥底から湧いて出てくるような痛みなので、体勢を変えようが息を止めようが、どうにも逃れられないような痛みを味わいました。

※実際には体勢はそれほど変えられませんし、赤ちゃんに酸素がいきわたらなくなるため、息も止めてはいけません。

陣痛の「痛い波」と「痛くない波」を何度か繰り返すうちに、とうとう子宮口も全開(10㎝)を迎え、「いきんでいいよ!」とのGOサインがでました。

 

しかし、急に「いきんでいい」と言われても、いきみ方については完全に無知だった私。

「どのくらいの力で?」「あまりいきみすぎたら赤ちゃん苦しくないかな?」「いきむと、う◯ちでそう」など色んな心配とハテナが頭をかけ巡りました。

そして、しつこいくらいに「こんな感じ?」と助産師さんに確認しながらいきむのですが、これが全く手ごたえナシ!

全身の筋肉を使っていきむのですが、これが想像以上に疲弊しました。

普段からたいした運動もせず体力のない私にとって、「いきみ」は出産で1番しんどい経験だったように思います。

13時 出産

かれこれ1〜2時間ほどいきんで休んでを繰り返し、「もう無理…もうやめたい…」と弱気になってきたとき…

ここで初めて「あ、、これ赤ちゃん産まないとずっと続くやつだ…」ということに気づきました。

そこからは早かったです。「この1回で終わらせてやる!!」という強い気持ちで自分史上最大の力を振り絞り、全力でいきむこと3回・・・!

 

にゅるんっ

ようやく、赤ちゃんが私たち夫婦のもとに産まれてきてくれたのです。すぐに元気な産声も聞かせてくれて、人生で初めて嬉し泣きをした出来事となりました。

そういえば、私が頑張っていきんでいる間に会陰を切られていたのですが(「切るよー」って言われたのは覚えている)、気が付くと麻酔のおかげで何も感じることなく終わっていました。

産後

出産後は、胎盤をグイグイ出されたり(ちょっと怖かった)会陰の切ったところを縫合するのですが、どれも痛みはなかったです。

しかし!!産後はこれまで頼りにしていた硬膜外麻酔とはおさらばです。

会陰切開した部分が地味〜〜〜に結構痛くて入院中は円座クッションが手放せない状態でした。

それでも産後すぐから家族や義家族たちと談笑することができたので、私は産後とは思えないくらい元気に見えたようです。

自然分娩だったら、いったいどのくらい大変なんでしょうね…

なにはともあれ、母子ともに健康で、元気に生まれてきてくれたので、先生方には本当に感謝でした。

分娩時間は約6時間でした。

痛かったことランキング

今回の出産で、わたしが痛かったことをランキングにしてみました。

  1. 入院直前の内診(子宮口グリグリ)
  2. 出産時の陣痛(麻酔の流量レベルを上げれば、もっと痛みは和らぎます)
  3. 会陰縫合後の痛み(立っていたり、会陰部分に何も当たってなければあまり痛くありません)
  4. バルーン挿入後の圧迫感

意外にも、入院直前の内診時が1位でした。

内診が終わった後もジンジンするくらいでしたからね…

硬膜外麻酔は痛くなかったので、ランキングには入れていません!

出産(無痛分娩)にかかった費用

全て合わせて(無痛分娩代、入院代、食事代、赤ちゃんの処置代など)58万円でした!

そこから出産育児一時金(42万)が引かれたので、実際に支払った費用は16万円でした。

これが高いと思うか安いと思うか…。

私は2年たった今思い返しても、本当に必要な経費であったと思います。

おわりに

私は初産だったということもあり、無痛分娩を選んだとしても出産に対する恐怖や不安が完全に消えることはありませんでした。

こんな思いをするなら子どもは1人でいい!と公言までしていたのですが、いざ出産を終えてみると、2人目も欲しい、産める!!に変わりました。(もちろん次回も無痛分娩で!笑)

もし、出産が怖いという理由で子供を産むのを躊躇っている人がいたら、無痛分娩という選択肢もあるんだよ伝えたいです。

 

そして、産後は想像していた以上に赤ちゃんのお世話で大忙しです!

初産であっても産後の体力は残しておくに越したことはないですし、兄弟がいるとそっちの相手もしなくちゃいけなかったりで、2人目3人目・・・のお母さんにとっても無痛分娩はものすごく有益な出産方法だと思いました。

私は「いきむ」ことで相当ヘトヘトになっていましたが、もっと体力のある方や経産婦の方なら、産後ももっと体力が有り余っている状態なのかな…(笑)

 

まだまだ無痛分娩は少数派で偏見もあったりで、選ぶのにも少し勇気が必要です。

硬膜外麻酔をするということは、自然分娩にはないリスクが増えるということでもありますからね。

しかし産むのは結局自分ですし、産んでしまえばどうやって産んだかなんて他人も自分もどうでもよくなります!

メリット・デメリット(リスク)をしっかりと理解した上で、自分の望む出産方法を選ぶことができたら、それがベストですよね。

 

私の体験談が少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

ママにとって1番、後悔のない出産方法が選べますように…!