\ 幼児教材を無料で体験する…♩/

【体験談】痛い?怖い?無痛分娩のリアルな費用と流れを大公開〈前編〉

私は第一子である息子を、無痛分娩で出産しました。

症例数は年々増えてきているとはいえ、自然分娩に比べるとまだまだマイナーな無痛分娩。

「無痛分娩ってどんなことをするんだろう?」

「無痛って言うけどほんとに痛くないの?」

未知の経験に悩みは尽きませんよね。かくいう私も、出産前はネットの検索魔になっていました。

しかし、自分が知りたいリアルな情報はなかなか見つからず・・・

 

そこで本記事では、私が実際に体験した無痛分娩を事細かに記すこととしました。

自分は何をされるのか、どの処置がどのように痛いのか・・・など、私がかつて知りたかった情報をすべて盛り込んだつもりです。

  • 無痛分娩のひとつひとつの細かな流れ
  • その時に感じた痛み
  • 費用

長くなりますので前編・後編でお送りします。

あなたの無痛分娩に対する不安と恐怖が、少しでも解消されますように。

こんな人におすすめ

  • 出産が怖い
  • 痛いことが嫌い
  • 無痛分娩を考えている
  • 無痛分娩を控えている
  • 無痛分娩すらも怖い

無痛分娩とは?

しろみ

まずは簡単に、無痛分娩の説明をします

無痛分娩とは、麻酔を使ってお産の痛みを和らげる分娩方法のこと

この麻酔の仕方にはいくつか種類がありますが、現在では腰にチューブ(硬膜外カテーテル)を挿入し、そこから麻酔薬を入れて下半身の痛みをとる硬膜外麻酔とよばれる方法が一般的となっています。

今回私が体験した麻酔法も硬膜外麻酔によるものです。

無痛分娩は「無痛」と言いつつも、実際には軽い痛みや違和感は残ります。もちろんこの痛みは、我慢できないような痛みではありません。

ですから無痛分娩は、痛みに弱い人や出産に対する不安が大きすぎる人にとっての強い味方となり得るのです。

また自然分娩に比べて体力の消耗も少ないので、産後の回復が早いというメリットも期待できます。

私が無痛分娩を選んだ理由

私が無痛分娩を選んだ理由はズバリ、痛いことが大嫌い、怖いから!これに尽きます。

大人になった今でも注射で泣くことがあるくらい痛みに弱いです。ですから出産なんて、とてもじゃないけど無理だと思っていました。

「無痛分娩というものがある」と知ったときには、まさに「コレだ!!!」と思いました。

この体験談は、人一倍ビビりで、ものすごく痛みに弱い人間の目線で書いています。同じく痛みに弱い方の力になればいいなと思います。

私が体験した無痛分娩の実際の流れ

それではいよいよ、無痛分娩の実際の流れを見ていきましょう!

まず前提としてわたしが受けたのは、硬膜外麻酔による計画無痛分娩。子宮に前もって処置を行うために、前日入院が決められていました。

【前日入院】14時 病院到着

「シャワーを自宅で済ませておくように」とのことで、自宅での最後のシャワーを浴びたあと、私は夫とともに病院へ向かいました。

しろみ

これから数日間はシャワーを浴びれないだろうから、念入りに洗います!

病院に着くと早速、分娩監視装置がつけられました。

妊産婦さんのおなかにベルトを巻き、赤ちゃんの心拍数、胎動、子宮の収縮の具合をグラフでチェックすることができる装置のこと。分娩時の陣痛の様子を診たり、「赤ちゃんが元気かどうか」を確認するのに用いられます。

妊娠後期になると毎週のように実施され、赤ちゃんにストレスを与えずに検査できることから「ノンストレステスト(NST)」と呼ばれています。

痛みはある?
分娩監視装置は、お腹にベルトを巻いて20~40分のあいだ横になっているだけなので全く痛くありません!赤ちゃんにとってもママにとってもやさしい検査なのです。

さて、40分もの長ーい分娩監視装置による検査(ノンストレステスト)を終えると、次はようやく診察です。

しろみ

内診って、いっつも緊張するよ~

子宮の開き具合などを見てもらったのですが、この時すでに子宮口が2cmくらい開いていたようで、本来されるはずであった前処置「バルーン」はなされずに終わりました(翌日にされましたので、バルーン処置についてはあとで詳しく解説します)

で・・・、このときの内診が今までで1番痛かった!!

何をされたのか実際のところはわかりませんが、想像では子宮口を力づくでグイグイっと押し広げられる感じがありました。痛かったし怖かった・・・!(泣)

あまりにも急な出来事で、声も出ませんでしたよ。

しろみ

する前に何かひと言いってください先生…!

内診終了後10分くらいはずっとジンジンと痛みが残っていました。ボーッと魂が抜けたような感じで待合室に座っていたのを覚えています。

15時 いざ入院

衝撃の内診が終了後、入院する部屋に案内されました。この日の予定として、あとは病院の夕食を食べて寝るだけです。

1人になると次の日のことを考えてしまい恐ろしかったので、面会時間ギリギリまで夫に居てもらい談笑していました。

ときどき産気づいた方の叫び声や息づかいが聞こえてくるのですが、その声にビビりつつも夜は意外とぐっすり眠ることができました。

【無痛分娩1日目】7時 起床

7時に目が覚めると、すぐに分娩監視装置をつけられました(前日にもやったお腹にベルトを巻くあの検査です)

そして、朝食を食べました。

9時 診察

いつもの先生(主治医)から診察を受けます。このタイミングでいよいよ「バルーン」の登場です!

※画像はイメージです

バルーン(正式名称:メトロイリンテル)とは、子宮口が十分に開いていない場合に機械的に子宮頚管を広げて陣痛を促す誘発分娩のひとつです。水風船のような形をしていることからバルーンと呼ばれています。

このバルーンについては、私も出産前にネットでめちゃくちゃ調べていて、痛いという人と痛くないという人がいるようでかなりビビっていました。

結果、、、もともと2cmくらい子宮口が開いていたためか、挿入するときはそんなに痛くなかったです。いつもの内診くらいの違和感がある程度。

挿入後にバルーン(風船)を膨らませるのですが、「どこまで膨らむの!?」ってくらい膨ら(んだように思う)み、強い圧迫感と軽い鈍痛のような違和感はありましたが、あまり「痛い!」という感じではなかったです。

9時半 陣痛誘発

陣痛促進剤の点滴をスタートさせました。陣痛促進剤とは、子宮の収縮(陣痛)を促すお薬のこと。

なぜか点滴の針を刺すのを何度も失敗され、痛かった記憶しかありませんが・・・

しろみ

普通の注射並みには痛かったけど、刺してしまえばこっちのもん!

そして点滴を開始すると、すぐに軽い痛みが襲ってきました。陣痛を経験したことがない私でも、直感で「これってもしや陣痛では?」と思わせるような、どことなく特徴的な痛みです。

痛みの程度は、「ん〝〜」と唸りながらも、まだ我慢はできるかなという痛み。

そうこうしているうちに少しずつ痛みが増していくのですが、だんだん強くなる痛みに恐怖を感じ、すぐに看護師さんを呼んでしまいました。

呼ぶのが早すぎたのか看護師さんも少し困った様子でしたが(正直まだ我慢できる痛みではあった)、なんとか麻酔科の先生を呼んでくれることとなり、ここからいよいよ硬膜外麻酔がスタートします!

10時半 硬膜外麻酔

硬膜外麻酔とは、硬膜外控腔から鎮痛薬を挿入する局所麻酔のひとつ。ベッドで横向きになり、背中からチューブを挿入して麻酔液を入れられるというアレです。

無痛分娩を選ぶ場合には、医者の方から必ず説明があると思います。

ちなみに、硬膜外麻酔による無痛分娩は、胎児や生まれた新生児・授乳などに悪影響を及ぼす可能性はないと言われています。

硬膜外麻酔ってどんなことをするの?

背中を丸めるようにしてベッドで横向きになり、背中(腰の高さの位置)に局所麻酔薬を注射します。そこに太めの針を刺し、この針の中にチューブを挿入していきます。チューブが中にしっかりと入ったら、太めの針だけを抜き、チューブは残してそのまま背中に固定します。このチューブから麻酔薬が持続的に注入されるという仕組みです。

麻酔効果を要するあいだは、ずっとチューブは入れたままとなります。また、鎮痛効果が弱い時には、追加投与をして鎮痛効果を高めることも可能です。

猫のように丸まりながらベッドで横たわった私。ここでしっかりと背中を丸めないと麻酔の注射針が入りにくいのと、動いたら危ないよと念を押されました。

体勢が整ったら、まずは『硬膜外麻酔の痛みを和らげるための痛み止め注射(局所麻酔)』から打っていきます。その次に、硬膜外麻酔の「チューブ」を刺していくという流れです。

しかし注射を刺すまえから未知の痛みへの恐怖で、私はすでにパニック状態!施術中は、大の大人が最初から最後まで泣きながら「痛い痛い!」と叫び大暴れしていました(身体は動かしていません!(笑))

しかし、終わってみればあっけなく・・・そして実際には痛みはほとんどなかったのです!

しろみ

何だったんだ、あの叫びは…!(恥)

注射をされている間、背中をグイグイと押される恐怖や、冷たい薬液が体の中をスゥーっと通っていく感覚が分かり変な感じがありましたが、痛みに関しては大丈夫でした。

そして、肝心の陣痛らしき痛みも硬膜外麻酔をするとすぐに消えていったのです。

しろみ

硬膜外麻酔、スゴイ…!

麻酔が効いてきたのが確認されると、次は膀胱におしっこの管が入れられます(導尿)

これは、硬膜外麻酔をすると下半身が動きにくくなり、ベッド上で安静となるためです。

導尿とは?
尿道から膀胱に細い管(カテーテル)を通して、膀胱の中の尿を体外に排出する方法のこと。

導尿…「痛そう」って思いませんか?しかし、これも全く痛くなかったんです!!

導尿について、夫からは「痛いよ!」と脅されていたのですが、麻酔のおかげか(?)全然痛くなかったので拍子抜けしました。

管を入れた直後は「なんか引っかかってるな…」という気持ち悪い違和感はありましたが、じきに何も感じなくなりました

22時 就寝

結論から言うと、この日、赤ちゃんはまだ産まれませんでした。

硬膜外麻酔を開始後、何度か内診をして子宮口の開きを確認してもらうも、夕方になっても5cmまでしか開かず(バルーンは抜けました)、この日は諦めることになりました。

しろみ

子宮口がある程度大きくなると、バルーンは自然に抜けるのです!

諦めるといっても硬膜外麻酔は常に注入され続けているので、夜中であってもほとんど痛みはありません。

この日もシャワーはNGなので、夕食を食べてそのまま就寝となりました。

つづく

無痛分娩1日目はこんな感じで終了しました。もちろん早ければ1日で産むことができますが、初産の方は二日間に渡ることも多いそうです。

無痛分娩2日目は、いよいよ赤ちゃんが誕生します!

〈後編〉で2日目の流れと、無痛分娩にかかったリアルな費用についてお話します。ぜひご覧ください。

無痛分娩2日目の体験談〈後編〉はこちら 
【体験談】痛い?怖い?無痛分娩のリアルな費用と流れを大公開〈後編〉